ニュース&ブログ

全日本選手権決勝戦

先日全日本選手権の熊本県大会の準決勝・決勝が行われました。

準決勝では熊本学園大学と対戦。

予選でKELを倒した勢いそのままにAグループ1位突破で上がってきたチームです。

 

結果は6-5で何とか勝利。幸先良く2点を先行したものの、そこから引き離すことができず得点を取っては取られる展開に。

学園大の粘りに苦しみましたが、1点差で勝利し決勝進出。リーグ戦とは違うトーナメントの難しさを感じた試合でした。

 

決勝は九州リーグ2部首位のエゴイスタ。予選で今季初黒星を喫した相手です。

予選での対戦はグループ突破の条件なども相まって堅い試合になりましたが、決勝戦では失うものは何もない精神で全力でぶつかりました!

 

試合の展開としては、前半2点を先行されていましたが#7坂田のドリブル突破からファーポストで#23平野が詰めて1点差。前半終了間際には今季途中加入の#64赤星が値千金の同点弾を決めて試合を振り出しに戻します。

後半にセットプレーから失点するも、#13濱武の強烈なミドルシュートが突き刺さり再び同点に。

このまま延長突入かと思われた後半残り約2分で痛恨の失点。すかさずパワープレーに出ます。

しかし、パワープレーで訪れたチャンスを決めることが出来ず逆にパワープレー返しを見事に決められ2点差に。最後にはボールロストから失点し3-6で試合終了。

昨年に引き続き2連覇を目指した大会でしたが、準優勝に終わりました。

 

相手のエゴイスタは自分たちから見れば格上の相手ですが、今のエンフレンテの全力をぶつければ勝てる可能性があると感じていました。

しかし、経験値の差や個人の能力の違いなどを見せつけられる試合に。まだ九州リーグで戦えるレベルではないということを痛感しました。

 

この試合には協賛企業の方々やスクール生・保護者様方、U-18/サテライトの選手、トップチームの登録外の選手、エンフレンテOBや選手の友だちなど多くのサポーターの皆様が、スタンドから大声援を送っていただきました。

こんなに素晴らしい環境で試合をできるチームは他にないと自信を持って誇れます!!

本当に力になりました!ありがとうございました!!

 

 

気持ちを切り替えるのは難しいですが、全日本選手権が終わった今、次の目標は県リーグ優勝です。

11/9(土)

19:10 vs BTT

会場:大矢野総合体育館

 

勝点で並ぶ首位攻防戦です。県リーグ優勝するには絶対に落とせない大事な一戦です。

モチベーションをきらすことなく最高の準備をしたいと思います!

 

全日本選手権での応援ありがとうございました!!

全日本選手権熊本県大会予選グループ突破!

全日本選手権が開幕し、エンフレンテからはトップチームとU-18の2チームが出場しました。

以下は予選グループの結果です

EGOISTA 6-0 エンフレンテU-18

エンフレンテTOP 4-3 熊本FC

エンフレンテU-18 10-7 熊本FC

EGOISTA 4-2 エンフレンテTOP

 

1位:EGOISTA 勝点6、得失点+8

2位:エンフレンテTOP 勝点3、得失点-1

3位:エンフレンテU-18 勝点3、得失点-3

4位:熊本FC 勝点0、得失点-4

 

まさかの得失点でエンフレンテ同士の争いになりましたが、トップチームが2差で何とか突破しました。

これで準決勝に進出する4チームが決定。決勝トーナメントの組み合わせは

 

10/26(土)

会場:大矢野総合体育館(観戦無料)

10:30 熊本学園大学 - エンフレンテ熊本

12:30 EGOISTA - 熊本大学医学部

16:00 決勝戦

 

となります。

準決勝は熊本学園大学との対戦になります。

予選で九州リーグのKELを蹴落とした勢いのあるチーム。まずは準決勝に全力を注ぎます!

 

応援よろしくお願いします!

EFKカップ参加チーム募集中!

10/27(日)

17:00~21:00

1dayのフットサル大会「EFKカップ」を開催します!

 

誰でも参加できるフットサル大会です!

優勝賞金は3万円!

ぜひ参加よろしくお願いします!

 

下記フォームからお申込みよろしくお願いします!

https://formhttps://forms.gle/MkAWe3zS6fnw45QDAs.gle/MkAWe3zS6fnw45QDA

全日本選手権熊本県予選開幕!

プロアマ問わず日本No.1を決める大会、全日本フットサル選手権の熊本県予選が開幕しました。

今大会エンフレンテからはトップチームとU-18の2チームが出場。抽選の結果いずれも予選Bグループとなりました。

 

10/14に予選Aグループの4試合が行われ、

KEL 3-3 東海大

学園大 5-4 熊大医学部

熊大医学部 6-2 東海大

学園大 5-2 KEL

という結果になりました。

 

九州リーグ2部所属のKELが1分1敗でまさかの予選敗退。熊本学園大学が5-2というスコアで撃破しました!

この結果により

1位:熊本学園大学

2位:熊本大学医学部

の2チームが10/26(土)に行われる準決勝に進出。

 

 

予選Bグループは10/19(土)に開催されます。

Bグループは

九州リーグ2部首位を快走中のエゴイスタ

長年熊本県リーグを引っ張ってきた熊本FC

昨年度県大会優勝のエンフレンテ熊本

昨年度ベスト4のエンフレンテ熊本U-18

の4チームで争います。

 

KELの敗退により何が起こるかわからないということが証明された全日本選手権。

まずはグループ2位以内に入り、準決勝進出を目指します!!

応援よろしくお願いします!

スクール年長さん受け入れ開始!

エンフレンテ熊本フットサルスクールでは2019年11月から年長さんのスクール受け入れを開始します!

 

初回キャンペーンとして、2019年11月~2020年1月の間に入会された方は入会金が無料となります!

また、2回まで無料体験可能となっておりますので、実際に体験していただいてからのご検討も可能です!

 

詳しくはスクールのページをご覧ください。

https://www.efkfutsal.com/school/

リーグ順位表更新

エンフレンテが参加しているリーグの順位表を随時更新しております。

 

https://www.efkfutsal.com/club/

 

県リーグ1部:1チーム

エンフレンテ熊本フットサルクラブ(トップチーム)

 

県リーグ2部:2チーム

エンフレンテ熊本サテライト

エンフレンテ熊本フットサルU-18

 

U-18リーグ:3チーム

エンフレンテ熊本A

エンフレンテ熊本B

エンフレンテ熊本C

 

それぞれ優勝・昇格目指して頑張っています!

応援よろしくお願いします!

試合延期のお知らせ

本日予定されていた

エンフレンテ熊本vsFORZA B.B

明日予定されていた

エンフレンテ熊本U-18vs 熊本大学

エンフレンテ熊本サテライトvsFS.SolBiAnca

 

は諸事情により延期となりました。

延期日程が決まりましたら発表させていただきます。

トップチーム vs 熊本FC 試合結果

熊本県フットサルリーグ2019 1部

第5節

エンフレンテ熊本 8-1 熊本FC

 

開幕から3試合で22得点2失点と勢いに乗っていたエンフレンテだが、前節エスペランサ戦で同点に終わり連勝は3でストップ。勝点でもBTTと並んでいる状態となった。今節はベテラン揃いの熊本FCと対戦する。首位をキープするためには絶対に負けられない一戦だ。

試合は前半2分に#10有川のドリブル突破からのゴールで幸先良く先制するも、5分に自陣でのボールロストから決められすぐさま同点とされる。その後も守備ブロックを形成する相手に対してシュートを打ち続けるもゴールには至らず。前半は1-1のまま終了する。

ハーフタイムにもっと攻撃的な姿勢でプレーする方向にシフトチェンジすると、後半2分にまたしても有川が得点し勝ち越し。その後も#7坂田と#13濱武の2得点、セットプレーから#49塩山の県リーグ初ゴール。ハーフウェーライン付近からの#8南のロングシュートなどで次々とゴールを奪い、後半に7点を追加。守っては#20安永が前半の1失点のみに抑え8-1で勝利をおさめた。

他試合では首位を争うBTTが試合終盤の決勝点で勝点3を獲得。引き続き勝点で並んでいるが得失点差でエンフレンテが首位に立っている。また、この2チームは前期2試合を残して上位リーグが確定した。

 

MOM

#10 有川 貴巳弥

前半開始早々の先制点と、後半の勝ち越し点を記録。狭いスペースでも遺憾なく発揮できる高い個人技で、引いて守る相手の守備ブロックをこじ開けた。

 

得点経過

01:17 #10 有川 貴巳弥 1-0

04:09 熊本FC 1-1

21:52 #10 有川 貴巳弥 2-1

26:12 #7 坂田 修哉 3-1

27:25 #49 塩山 賢二郎 4-1

33:49 #13 濱武 奈央也 5-1

36:03 #7 坂田 修哉 6-1

38:01 #8 南 達希 7-1

38:51 #13 濱武 奈央也 8-1

 

公式記録

トップチーム vs エスペランサ熊本 試合結果

熊本県フットサルリーグ2019 1部

第4節

エンフレンテ熊本 4-4 エスペランサ熊本

 

 

前節首位で並ぶFC東陽を相手に7-0と完封勝利を果たしたエンフレンテ。今節は昨シーズンのリーグ戦で唯一敗北したエスペランサ熊本と対戦する。#5清原、#88澤田が今季初出場となった。3連戦の初戦となる今節で勝利し独走態勢に入りたいところだ。

試合開始早々にカウンターからNo.14堀田にドリブル突破からのゴールを許し失点。実に3試合ぶりの失点で0-1とリードを許す展開となる。警戒していた形・選手だっただけに悔やまれる失点となった。その後は何とか立て直し流れを断ち切ることに成功。すると前半10分、相手のパスをインターセプトした#23平野から#7坂田へボールが渡ると、切り返しで相手をかわし左足でゴール。同点に追いつくも、前半19分に中央でのドリブルから決められ1-2とし、今シーズン初めてビハインドでハーフタイムを迎える。

後半3分にこの日2点目となる坂田のゴールで振り出しに戻すも、その2分後にまたもや失点。2-3の状況で迎えた後半9分に坂田のキックインが相手に当たってそのままゴールへ。思いがけない形でみたび同点とする。その1分後に自陣でボールを奪いカウンターを開始、#22村田→#18與那城と繋ぎ、最後は#13濱武が復帰後初ゴールとなる貴重な逆転弾を決め4-3とこの試合初めてリードを奪う。残り10分となり、失点を避けつつ追加点を狙いにいくがあと一歩のところでゴールを奪えずにいると後半18分、カウンターを仕掛けるもパスカットされたボールが相手GKに渡ると、前線に残っていたピヴォ目掛けてパントキック。そのボールをNo.23遠山にヘディングで落とされると走り込んできたNo.14堀田に豪快なダイレクトボレーを決められ4-4とされる。その後も両チームともに勝点3を狙いにいくも得点には至らずそのまま試合終了。苦しい戦いとなった一戦は勝点1を分け合う形で幕を閉じた。

 

MOM

#7 坂田 修哉

前節に引き続き3得点に絡む大活躍。4試合で6ゴールと絶好調ぶりを見せつけた。オフ・ザ・ボールの動きにも磨きが掛かり、中盤戦に入ったリーグを勝ち切る得点を期待したい。

 

得点経過

00:37 エスペランサ熊本 0-1

09:36 #7 坂田 修哉 1-1

18:32 エスペランサ熊本 1-2

22:12 #7 坂田 修哉 2-2

24:33 エスペランサ熊本 2-3

28:01 オウンゴール 3-3

29:56 #13 濱武 奈央也 4-3

37:46 エスペランサ熊本 4-4

 

公式記録

U-18 vs 国府高校 試合結果

熊本県フットサルリーグ2019 2部

第3節

エンフレンテ熊本U-18 5-2 国府高校

 

 

前節ソルビアンカに1-9と大敗を喫したエンフレンテU-18。神戸遠征で参加したグリーンアリーナ神戸カップにおいても4戦全敗と勝利から遠ざかっている。今節はその神戸カップで対戦し敗れた国府高校へのリベンジマッチとなる。

 

前半4分にCKから中で合わせた#96鬼塚のゴールで先制。その2分後にもCKの流れから#47七谷が追加点を記録。ゴレイロへと転向した#64寺園の好セーブもあり前半を2-0リードで折り返す。

後半3分に相手GKのスローからヘディングで決められ1点差に縮められるも、後半11分に右サイドでボールを持った#9金城がドリブルからシュート性のパスを送り込むと、ファーで待っていた#55中山が右足で合わせ再び2点差に。後半16分にはゴール前のこぼれ球を#60荒川が冷静に沈め4-1とする。その後パスワークから崩され4-2とされるも、終了間際に#69鈴木のFKが相手に当たってコースが変わりゴールへ吸い込まれ5-2となって試合終了。今シーズン県リーグ初勝利を達成した。

 

MOM

#64 寺園 歩夢

ゴレイロに転向して初の県リーグとなったが、終始安定したパフォーマンスを披露。まだまだ改善の余地はあるが、勝利に貢献するプレーを見せた。

 

 

 

得点経過

03:20 #96 鬼塚 凱生 1-0

05:20 #47 七谷 恒輝 2-0

22:36 国府高校 2-1

30:04 #55 中山 修斗 3-1

35:40 #60 荒川 祐心 4-1

36:08 国府高校 4-2

38:42 #69 鈴木 優太 5-2

 

公式記録